skip to Main Content
市場と今週の注目ニュース 2022/2/14

市場と今週の注目ニュース 2022/2/14

朝の金融情報(2022/2/14)

おはようございます。

先週は日本株は反発し、週末で米株は利上げリスクなどで下がりました。
日経平均:27,696.08 +256.09(0.93%)
NYダウ:34,738.06 -351.68(1.00%)
NASDAQ:13,791.15 -306.86(2.18%)
S&P500:4,418.64 -81.89(1.82%)
ドル円:115.60 +0.372(0.323%)
ビットコイン:4,901,335.92JPY +95,312.692(1.983%)
※価格は前週比です

ロシアがウクライナに対して、再侵攻するというニュースを受け、米国株や債券、FX、暗号資産など大きなボラティリティーが出て急落が起こりました。

先週の米消費者物価指数では市場予測より高い数字が出て、3月には0.5%のダブル利上げをするのではないかとの見方もあり、株式相場の急落要因に繋がりました。

その他社会ニュースでは、米銀では従業員のマスク着用義務などを解除したりなど、コロナウイルスに対しての緩和されてきているように思います。

ちなみに、いっぺんに0.5%のダブル利上げは、1980年から40年以上起きていない異例の事態です。

今週の注目ニュースは、日本では2月15日(火)8:50に国内総生産(GDP)、2月18日(金)8:30に全国消費者物価指数の発表があります。

米国では、2月15日(火)22:30卸売物価指数(PPI)の発表、2月16日(水)22:30に小売売上高、28:00に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表されます。

やはり、今週注目となるのが、ロシアのウクライナ侵攻問題になってくるかと思います。

日本株に関しては、先週の米国利上げ0.5%の急落の折り込みがされていないので、月曜日のはじまりは下がる可能性があります。

今後のニュースに注目し、今は大きなポジションは控えた方が良いかもしれません。

本日も頑張っていきましょう。

Back To Top