skip to Main Content
市場と今週の注目ニュース 2022/2/21

市場と今週の注目ニュース 2022/2/21

朝の金融情報(2022/2/21)

おはようございます。

先週も日本株、米株、ビットコイン共に下落基調が続いています。
日経平均:27,122.07 -574.01(2.07%)
NYダウ:34,079.18 -658.88(1.90%)
NASDAQ:13,548.06 -243.08(1.76%)
S&P500:4,348.87 -69.77(1.58%)
ドル円:115.00 -0.5885(0.5177%)
ビットコイン:4,598,042.52JPY -303,293,359(6.188%)
※価格は前週比です

先週も大きなボラティリティーを相場に影響を与えたのは、ロシア・ウクライナ問題でした。

この戦争が起こるか起こらないかの不安感からリスクオフとなり、米株や日本株、ビットコインなどが大きく下落しました。

ビットコインは先週大きな反発はありましたが、再度下落をしています。

そして、引き続き金利上昇の影響を受け、ハイテク株、グロース株などが下落を続けています。

ちなみに、バンクオブアメリカが公表しているハイテク株の購入量は、なんとリーマンショックと同じ水準程度しか持たれていません。

コロナウイルス影響ですが、警戒感を緩めている国もあれば、増加している国もあり、大きな変化はないような状況です。

今週の注目ニュースは、火曜日23:45に米国でサービスと総合のPMI発表、水曜日19:00にユーロ圏で消費者物価指数の発表、木曜日22:30は米国でGDP、24:00に新築住宅販売件数の発表、金曜日22:30は米国で個人消費支出(PCE)の発表があります。

最近では、ビットコインと株価指数も連動しており、週末のビットコインの下落から、週明けの日経平均も下落する可能性があるので注意が必要です。

引続き、ロシア・ウクライナ問題、そして金利関連で大きく相場が動く可能性があるのでニュースに注目していきましょう。

本日も頑張っていきましょう。

 

今後のドラゴンセミナー・イベント
http://bit.do/dragonevent

Back To Top