skip to Main Content
ジム・ロジャースの提言

ジム・ロジャースの提言

朝の金融情報(2022/8/12)

おはようございます!

本日は、【ジム・ロジャースの提言】について解説したいと思います。

世界三大投資家の1人と言われているジム・ロジャース氏をご存知でしょうか?

もう1人の世界三大投資家の1人であるジョージ・ソロス氏と1973年に共同設立をしたクォンタムファンドでは10年間で3365%のリターンを得たと言われています。

今はシンガポールに住んでいる彼が、日本に対しても数々のメッセージを伝えてくれているのですが、非常に厳しいものです。

最も有名な提言に日本の子供たちにこのように伝えています。

「私が10歳の日本人だったら、海外に脱出するか、自動小銃を携帯する」

もちろん、日本では銃は使えないんですが、それくらい日本という国がどんどん治安が悪化し、若者にとって、このままでは、全く未来がないということを本音で言ってくれているのかもしれません。

その他には、

・円建ての年金は、将来大幅に目減りする危険がある

・日本の成長のカギとなるのは、観光、医療、教育しかない

・このまま何もしなければ、日本には恐ろしい未来が待っている

どれも厳しい内容ですが、あなたももう気づいているかもしれません。

特に強く提言していることは、
「これからは円の価値が下がることを考えて、資産保全していく必要がある」
と何度も彼は伝えています。

彼のこれまでの発言は、常にドラゴンで発信していることを完全に証明してくれている提言が大変多いというのが強い印象でした。

世界の三大投資家も勧める海外を含めた資産保全は、やはり早急にやるべきですね。

海外口座の開設をまだ行っていない方は、ぜひ、早めに進めて参りましょう!

 

今後のドラゴンセミナー・イベント
http://bit.do/dragonevent

Back To Top