skip to Main Content
用語解説 (セクター)

用語解説 (セクター)

朝の金融情報(2022/11/15)

おはようございます。

本日は経済・株式に関する用語を解説します。

●セクター
主に株式相場や株式市場を分析する際、便宜上区分するグループのことです。

セクターは業種などのテーマごとに分ける場合が多いです。

例:
水産・農林業
鉱業
建設業
食料品
繊維製品
パルプ・紙
化学
医薬品
石油・石炭製品
ゴム製品
ガラス・土石製品
鉄鋼
非鉄金属
金属製品
機械
電気機器
輸送用機器
精密機器
その他製品
電気・ガス業
陸運業
海運業
空運業
倉庫・運輸関連
情報・通信業
卸売業
小売業
銀行業
証券、商品先物取引業
保険業
その他金融業
不動産業
サービス業

その時の経済動向などによって注目されるセクターは上昇などしやすかったりします。

例えば、コロナの影響が緩和されそうな際や緩和された時は空運業やインバウンド関連が上昇傾向となりました。

円安傾向になれば、海運業や不動産業が値上がり傾向になりました。

経済の動向を知り、企業がどのような影響を受けるかを見極められることで、値上がりする銘柄を見つけるチャンスが作れます。

しっかりと学んでいくとチャンスですね。

本日も頑張っていきましょう!

 

今後のドラゴンセミナー・イベント
http://bit.do/dragonevent

Back To Top