skip to Main Content
世界トップ資産家は子供の頃から 稼ぐ経験をしていた

世界トップ資産家は子供の頃から 稼ぐ経験をしていた

朝の金融情報(2023/4/14)

おはようございます。

世界の資産家は、イーロン・マスク、ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットが代表的です。

全員、子供時代に幼い頃から稼ぐことを経験をしていました。

■ウォーレン・バフェット
バフェットは6歳の誕生日に、父親から20ドルをもらい、引き出しに大切にしまっていました。

その他、祖父から仕入れた新聞や雑誌、ガム、コーラなどを近所の家から家に売り歩いたり、家族旅行先の湖畔リゾート地で炭酸飲料を売りさばくなど、小銭を貯める喜びを覚えた。

そして、売れ残りリスクを考えたり、投資や経営に関してを体験したと言います。

その他、9歳の頃、近くのゴルフ場で中古のロストボールを売って警察沙汰になったこともあるとのこと。

バフェット氏の父も投資家だったので、父の背中をみて学びを得ることも大きかったそうです。

11歳で株式投資を始めて本格的に投資の神様への道を歩き始めるのだが、それも父親の英才教育のたまものですね。

■イーロン・マスク
生い立ちは決して恵まれたものではく、3人きょうだいの長男として南アフリカに生まれ、8歳で両親の離婚を経験などしました。

コンピュータに強い関心を持ったマスクは、10歳でプログラミングを独学でマスターし、12歳の時には対戦ゲームソフトを自作した。

それをパソコン雑誌に投稿することにより、ソフトが売れてマスク氏は見事に500ランド(500ドル相当)の対価を手にした。

この経験が現在のイーロンマスクに繋がる大きな経験となったと言います。

■ビル・ゲイツ
倹約家で飛行機移動の際にはエコノミークラスを利用し、高級ホテルや高級車にも興味を持ちません。

そして、慈善活動には巨額を投じ、メリハリがきっちりしています。

小学校時代、ボーイスカウトの活動資金を得るため、ナッツの訪問販売をしていました。

そこで、”どんな要因が影響して買うという意思決定につながるのか、商品にとって適切な市場を見つけられるかどうかで最終的な成功が決まる”といったことを学びました。

全員幼いころから、事業、投資を含めて稼ぐということを経験しています。

やはり、”子供の頃からの経験は非常に大切”なので、お子様がいらっしゃるかたも、これからお子様を授かるかたもいらっしゃると思いますが、色々な経験・体験をさせてください。

そのためにもドラゴンでは、お子様と一緒に学べる場やサービスをご提供いたします。

本日も頑張っていきましょう!

 

今後のドラゴンセミナー・イベント
http://bit.do/dragonevent

Back To Top