skip to Main Content
用語解説 (サーキットブレイカー)

用語解説 (サーキットブレイカー)

朝の金融情報(2023/6/27)

おはようございます。

本日は金融・投資に関する用語を解説します。

●サーキットブレーカー
サーキットブレーカー(Circuit Breakers)とは、取引一時停止措置のことです。

主に、先物市場やオプション市場などで相場が大きく変動し、過熱してきたときに投資家の過熱感を鎮め、冷静な判断の機会を設けるために取引所が講じる措置のことです。

取引所が強制的に発動する取引停止措置(パニック売りを抑えることを目的とした制度)。

株で言う、値幅制限もサーキットブレイカーの一種です。

この制度は、米国のブラックマンデー(1987年)をきっかけにニューヨーク証券取引所で取り入れられました。

東京証券取引所では、1994年から導入されました。

ちなみに、2020年3月には、新型コロナウイルス感染拡大によるパニックムードを抑えるために、米国と日本でたびたびサーキットブレーカーが発動しました。

資産を守るために、サーキットブレイカー発動前には決済できるように対策(逆指値など)をしておくのも一つですね。

本日も頑張っていきましょう!

 

今後のドラゴンセミナー・イベント
https://dragontrade.club/schedule/

Back To Top