skip to Main Content
社会貢献とお金の使い方

社会貢献とお金の使い方

「社会貢献とはなんですか?」
読者の皆様はこの問いかけに対し、どう答えますか?

今回は、社会貢献に対する若者の意識調査についてこちらの記事をご紹介します。
参考:リセマム「
社会貢献の意欲あっても活動は2割程度…若者の意識調査


調査は、国内の中学生、高校生、大学生約1,000人を対象に、2022年11月30日~12月2日にインターネットを利用して実施されました。社会課題の解決に役立ちたいかという質問に、「ややそう思う」(38.7%)がもっとも多く、「とてもそう思う」(13.3%)とあわせると、半数以上が環境問題や社会課題への解決意欲を示しました。しかし、日ごろ社会貢献活動を行っているかについては、「している」と回答したのは21.3%と、意欲と行動のギャップが見られたとまとめられています。

社会貢献と聞くと、なんだか難しいことのように考えたり、もしくは無償のボランティア活動などを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、そうではありません。社会貢献とは、個人や企業、団体がよりよい社会を作るために行動することです。

働いて社会に何らかの価値を提供するのが、最もベーシックな社会貢献ですが、「正しくお金を使って経済を回し、社会に貢献する」つまり働いていない世代でも、お金を正しく使うことで誰かが提供する価値を受け取り、経済を回し社会を発展させているのです。

 

 

寄付・投資・消費・貯蓄など、さまざまなお金の使い方を通して、若者が環境問題や社会課題を学び、解決に向けた行動を体験できる機会を提供すること、それこそが、我々大人が出来る未来への社会貢献ではないでしょうか?

さらに、若者がお金を使って社会貢献をする方法やその重要性について考えてみましょう。例えば、環境に配慮した商品の購入や社会的な企業への投資などが、個々の行動で社会に対するプラスの影響をもたらす手段です。

このような小さな行動が、大きな変革を生む一助となります。社会貢献は単なる理念だけでなく、私たちの日常の中で具体的な行動を通して実現できるものです。皆さんもぜひ、お金の使い方を見直して、社会貢献の輪に加わってみてください。あなたの一歩が、未来をより良くする力となるでしょう。

シンガポール発
🐲APC Dragon 女性金龍隊

ビジネス&ヒューマンアカデミー

生きる意味を追求し、稼いで築く。資産を守り、次世代事業の構築まで学べる。
未来を創りたい女性の究極のカリキュラム!

理論・理屈だけのセミナーを卒業して、未来への一歩を踏み出しませんか?
私たちのカリキュラムは自分の意識と実践を結びつけ、自己マネージメントの真髄を追求します。本気で自分を変えて最高の人生を作り出せる夢のプログラムにぜひご参加ください。

⭐️自分の強みと可能性を発揮して最高の人生を構築する
⭐️営業力と王道の資産構築を学び最短最速で稼げる自分になる
⭐️真の絆を紡ぐ、本音で語れる一生涯の仲間との出会い

Back To Top