skip to Main Content
今までの英語学習、捨てて革新的なアプローチを

今までの英語学習、捨てて革新的なアプローチを

英語学習において、多くの日本人が「単語や文法から始める」という古い教育方法に従ってこれまで学んできました。
しかし、これが英語を話す能力を身につける近道ではないという指摘があります。今回は、伝統的なアプローチが抱える問題と、新しい学び方に挑戦する必要性に焦点を当ててお伝えしていきます。

<参考記事:朝日新聞 GLOBE+ >
英語を学ぶなら、まず「話す」から

**伝統的なアプローチの問題点**
長らく「日本人は英語ができない」という固定観念が存在し、これは過去70年以上の英語学習の歴史に根付いています。これまでの学習法では、文法や単語の覚え込みが主体であり、それが翻訳癖を生み出しています。頭の中には文法やら構文やらが詰まり、これが実際の会話に活かせない経験をされた方も多いかと思います。

**英語学習の未来への提案**
新しいアプローチとして、会話練習からスタートすることをこの記事では提案しています。日本の英語学習法は、日常的な英会話能力を身につけることに焦点を当てず、文法や単語の覚え込みに偏ってきたと言えるでしょう。英語を話す能力と翻訳する能力は異なるものであり、言葉を実際のコミュニケーションに結びつけることが不可欠です。

**英会話教室の現実と課題**
日本の多くの英会話教室でも、英検や受験対策が中心になっている実情があります。これは生徒や家族のニーズに応えつつ、実用的な英語能力向上とは異なる方向に進んでいます。

これは私が通う英会話教室での実際のエピソードです。
「日本人の親は英検が好きだよね。仕事だからそのサポートをしているけれど、本当にぼくが伝えたい英語学習ではないのが本音だよ。小学校から英語教育もやっとスタートしたけれど、それもやっとかという感じで、とにかく日本の英語教育は進展が鈍いよね」と、長年日本で英語を教えておられる先生の半分諦めに近い表情がとても印象的でした。日本にいる貴重なネイティブスピーカーの存在が、英語学習に活かされきれていない実情に、私も歯がゆい思いを感じた瞬間でした。

**日本の英語教育の課題**
2020年度から小学3~6年生を対象に外国語教育(英語教育)が必修化されています。しかし、教員側の準備不足のまま進んでおり、教育現場の変革が進んでいないのが実情です。日本における英語教育の在り方が変わるのを待っていてもどうにもならないことは、70年という歴史からみても明らかなのではないでしょうか。

私たちの子どもは、なぜ学校教育で英語を学んでいるのでしょうか?英語の学び方の方法を根本的に見直す必要性を、今子育ての最中の親御さんたちが、どこまで自分事として捉えられるか、その判断にお子様の将来の英会話力がかかっているといっても過言ではないでしょう。
「あなたのお子様に将来の英語力をどれくらい重要視していますか?」ぜひ、お聞かせください。


シンガポール発
🐲APC Dragon 女性金龍隊

ビジネス&ヒューマンアカデミー[/vc_column_text]

生きる意味を追求し、稼いで築く。資産を守り、次世代事業の構築まで学べる。
未来を創りたい女性の究極のカリキュラム!

理論・理屈だけのセミナーを卒業して、未来への一歩を踏み出しませんか?
私たちのカリキュラムは自分の意識と実践を結びつけ、自己マネージメントの真髄を追求します。本気で自分を変えて最高の人生を作り出せる夢のプログラムにぜひご参加ください。

⭐️自分の強みと可能性を発揮して最高の人生を構築する
⭐️営業力と王道の資産構築を学び最短最速で稼げる自分になる
⭐️真の絆を紡ぐ、本音で語れる一生涯の仲間との出会い

[/vc_column_inner][/vc_row_inner]

Back To Top