skip to Main Content
「人間として一番尊いものは徳である」

「人間として一番尊いものは徳である」

皆様おはようございます。

本日のコラムは、この時代に改めて考えたい〝徳〟について書いてみようと思います。
《人間として1番尊いものは徳である》とは、かの松下幸之助さんのことばですが、徳とはいったいどんな風に尊いのかを考えていきたいと思います。

人間とは、知恵や感情を持ち、自己意識を持つ存在です。私たちは様々な欲望や欲求を持ちながら生きていますが、その中でもっとも尊いものは徳だと言われています。

徳とは、善行や美徳を指し、道徳的な価値観や倫理的な行動を示すものです。徳を持つことは、他者への思いやりや正義、誠実さなどの美徳を実践することを意味します。

徳を持つことによって、私たちは他者との関係を築き、社会の中で調和を生み出すことができます。徳のある人は、他者を思いやり、助けることができるため、信頼され、尊敬される存在となっていきます。

また、徳を持つことは、自己成長や自己啓発にもつながります。徳を追求することで、自己の内面を磨き、より良い人間になることができます。徳のある人は、自己の欲望や利益よりも、他者や社会の幸福を優先することができるため、他者との関係が良好であり、信頼されるため、人間関係の悩みや孤独感を抱えることが少ないと言われています。

徳を実践することで、自己の良心にも満足感を得ることができます。

徳は、社会全体の発展にも貢献します。
徳のある人々が集まる社会では、信頼関係が築かれ、協力や共同作業が円滑に行われるため、社会の発展が促進されます。徳のある人々が多く存在する社会は、公正で平和な社会を築くことができるでしょう。

私たちが自己を成長させ、他者や社会との関係を築きながら、より良い人間として生きることには、徳を身につけていけるような行いを日頃から心がけることが大切です。

そして、どんな時代でも、心が満たされ、幸せをたくさん感じられる豊かな人生を送っていけたらいいですね。

 


シンガポール発
🐲APC Dragon 女性金龍隊

ビジネス&ヒューマンアカデミー

生きる意味を追求し、稼いで築く。資産を守り、次世代事業の構築まで学べる。
未来を創りたい女性の究極のカリキュラム!

理論・理屈だけのセミナーを卒業して、未来への一歩を踏み出しませんか?
私たちのカリキュラムは自分の意識と実践を結びつけ、自己マネージメントの真髄を追求します。本気で自分を変えて最高の人生を作り出せる夢のプログラムにぜひご参加ください。

⭐️自分の強みと可能性を発揮して最高の人生を構築する
⭐️営業力と王道の資産構築を学び最短最速で稼げる自分になる
⭐️真の絆を紡ぐ、本音で語れる一生涯の仲間との出会い

Back To Top