skip to Main Content
「外部環境と家庭での英語活用が子どもたちにもたらす成長」

「外部環境と家庭での英語活用が子どもたちにもたらす成長」

子育て中の皆さんおはようございます!

毎週火曜日の記事では、役立つ英語学習のお話をお届けしています。

 

今日はサタデースクールや学童預かりについてお話しましょう。これらのプログラムは、子どもたちに英語を学ぶ素晴らしい機会を提供しています。しかし、単に預けるだけでなく、どうやって子どもたちが英語を活用しているかが重要です。

実際、子どもたちの英語の成長は様々で、環境やプログラム、そしてそれぞれの積極性が大きく影響します。これらの施設は英語環境を提供する一方で、家庭でも日常的な使い方や他の学習方法も欠かせません。

例えば、私の友人のお子さんはサタデースクールでのアートクラスで英語を楽しく学び、その経験から自分でも英語で表現する力が身についたそうです。

英語学童は、平日の放課後に英語プログラムが提供されるもので、通学の一環となります。ただし、これらの外部環境だけに頼るだけではなく、保護者が日常的に英語でのコミュニケーションをとることも非常に重要です。

外部環境で得た情報をもとに、保護者も子どもと英語でコミュニケーションをとることには多くのメリットがあります。

 

1. 言語環境の拡充

家庭でも英語を積極的に使うことで、子供はより広範で日常的な英語の使用経験を得られます。


2. 自然な言語習得

家庭内でのコミュニケーションは非形式でリラックスしたものであり、言語習得においては自然で効果的です。


3. 親子の強化

共通の言語でコミュニケーションをとることで、親子の絆が深まり、理解が進みます。

4. 外部リソースの活用

子供が学校や預かり施設で学ぶ英語とは異なるアプローチやトピックに触れさせることができ、豊かな言語経験を提供します。


5. リーディングスキルの向上

外部の英語教材や本を活用することで、子供の読解力や語彙力が向上します。

 

これらの経験が、子どもたちがより幅広い英語のスキルを身につける手助けとなるでしょう。外部の環境と家庭での英語の活用を組み合わせ、子供たちの成長をサポートしていきたいですね。

英語学習は、外部のプログラムだけでなく、親子のコミュニケーションを通じても楽しく進められるもの。今週末には、家族で英語のゲームやアクティビティを試してみるのはいかがでしょうか(^^)


シンガポール発
🐲APC Dragon 女性金龍隊

ビジネス&ヒューマンアカデミー

生きる意味を追求し、稼いで築く。資産を守り、次世代事業の構築まで学べる。
未来を創りたい女性の究極のカリキュラム!

理論・理屈だけのセミナーを卒業して、未来への一歩を踏み出しませんか?
私たちのカリキュラムは自分の意識と実践を結びつけ、自己マネージメントの真髄を追求します。本気で自分を変えて最高の人生を作り出せる夢のプログラムにぜひご参加ください。

⭐️自分の強みと可能性を発揮して最高の人生を構築する
⭐️営業力と王道の資産構築を学び最短最速で稼げる自分になる
⭐️真の絆を紡ぐ、本音で語れる一生涯の仲間との出会い

Back To Top