skip to Main Content
「海外と日本の教育の違い」

「海外と日本の教育の違い」

皆様おはようございます。

日本は出る杭は打たれる傾向があり、世界的にみても、世界規模で活躍する方を輩出するのはなかなか難しい風潮があります。

なぜ、そのような傾向があるかというと、小さいうちから個性やそれぞれの主張を尊重する教育と、ひとつの答えに向けて協力するのが良しとする教育の違いだとも言われています。

本日は、具体的に、どのように海外と日本の教育は違うのかをコラムに致します。

海外と日本の教育の違いは、いくつかの要素によって引き起こされています。
主な違いをいくつか挙げていきます。

 

1. 教育システムの構造

日本の教育システムは、中学校、高校、大学などの段階的な進学制度があります。一方、海外の一部の国では、学校教育の段階的な進学制度が存在しない場合もあります。また、海外の一部の国では、私立学校やホームスクーリングなどの選択肢も一般的です。

 

2. カリキュラムの内容

日本の教育カリキュラムは、国家基準に基づいて統一されています。一方、海外の教育システムでは、州や地域によって異なるカリキュラムが採用されることがあります。また、海外の一部の国では、STEM教育や実践的な学習など、特定の教育アプローチが重視されることもあります。

 

3. 教育の目的

日本の教育は、一般的には知識の習得や試験の合格を重視する傾向があります。一方、海外の一部の国では、多角的思考、問題解決能力、創造性など、より幅広いスキルの習得が重視されることがあります。

4. 教育方法

日本の教育では、講義形式や教師中心の指導が一般的です。一方、海外の一部の国では、対話型の授業やグループワーク、プロジェクトベースの学習など、より対話的で参加型の教育方法が採用されることがあります。

 

5. 学習環境

日本の学校では、生徒同士の競争や規律を重視する傾向があります。一方、海外の一部の国では、協力や共同作業、自己表現を重視する学習環境が整えられることがあります。

 

幼少期はスポンジのように吸収する時期です。また、善悪を判断する道徳教育もとても大切な時期だと言われています。日本は、生徒間の調和や答えを一つに導き出す傾向があり、能力を試験の点数や競争を勝ち抜くことで測る風潮があります。

子供には、一人一人個性があり、それぞれにその子にしかない能力やよいところがあります。
それを、見つけその才能の芽を潰さないように、開花させられるような指導や環境にもっていくのが大切で、それこそが大人や指導者の役割だと感じます。

一人一人の突出した才能が輝きやすく、その才能をもってよりよく社会がまわり、多くの人が幸福感を感じられやすい世の中になることが、時代と共に求められているのではないでしょうか。今一度、広い視野で教育について、考えていきたいですね。


シンガポール発
🐲APC Dragon 女性金龍隊

ビジネス&ヒューマンアカデミー

生きる意味を追求し、稼いで築く。資産を守り、次世代事業の構築まで学べる。
未来を創りたい女性の究極のカリキュラム!

理論・理屈だけのセミナーを卒業して、未来への一歩を踏み出しませんか?
私たちのカリキュラムは自分の意識と実践を結びつけ、自己マネージメントの真髄を追求します。本気で自分を変えて最高の人生を作り出せる夢のプログラムにぜひご参加ください。

⭐️自分の強みと可能性を発揮して最高の人生を構築する
⭐️営業力と王道の資産構築を学び最短最速で稼げる自分になる
⭐️真の絆を紡ぐ、本音で語れる一生涯の仲間との出会い

Back To Top