skip to Main Content
英語での愛情表現  親子関係を深める新しい手段

英語での愛情表現  親子関係を深める新しい手段

 

 子育てにおいて、愛情とコミュニケーションは欠かせませんが、その手段は多岐にわたります。今日は子どもに対して英語での愛情表現が親子にもたらすメリットと、新しいアプローチによるポジティブな変化についてお伝えします。

 まず、他人から子どもを褒められた際の受け止め方に注目します。
自分の子どもについて、「私は、娘や息子のことをとても誇りに思っています」と率直に言える人はどれくらいいるでしょうか。

日本文化では謙遜が美徳とされ、自慢げに語ることは控えめな姿勢とされています。しかし、英語圏では I am proud of you(あなたを誇りに思うよ)という表現が普通に使われ、ポジティブな返答が一般的です。

 テレビ番組で、海外の方に「日本語出来ますか?」とインタビューしている場面を思い浮かべてみてください。海外の方は「こんにちは」と「ありがとう」しか言えない場合でも、「少しできます」と答えるのをご覧になったことがあるでしょう。

 日本の謙遜文化では、完ぺきでない限り「できます」とはなかなか言いません。
それに対し、英語圏では初めからポジティブなやり取りが多く、これが無意識に自信や自己肯定感に繋がっていく様子は、家庭で英語教育をうけている息子の成長を通じて実感しています。

 次に、誉め言葉の選択肢が豊かになるメリットについて、実際のエピソードをご紹介します。
 ある日、息子が保育園で素敵な絵をかいてプレゼントしてくれました。そこには家族3人が手をつなぎ、愛犬2匹をお散歩している日常の様子が描かれていました。「家族」というつながりを大切にしている気持ちが、彼の中に刻まれていることが伝わるその絵をみて、私は彼に向かって笑顔で言いました。

「That’s a great paintings. I’m impressed and proud of you. Your paintings make your famaily feel happy.」
(素晴らしい絵だね!ママは感動してあなたを誇りに思うわ。あなたの絵は家族を幸せな気持ちにしてくれるね。)

そんな私の感想に、息子も誇らしげな顔をしていたのが印象的でした。直接的で温かみのある言葉は、子どもの心に深く響き、自己肯定感を高め、安心感を提供します。その結果、子どもは自分の行いが認められていると感じ、次なる挑戦にも前向きに取り組むようになります。

 これらの新しいアプローチは、愛情表現だけでなくコミュニケーションにおいても国際的な視野を広げることにつながります。英語でのコミュニケーションが増えることは、子どもが将来的に異なる文化や言語環境でのコミュニケーションにも適応しやすくなる手助けとなります。

親子関係に新たな深みをもたらす英語表現を、ぜひご家庭で実際に試して、親子の絆をより豊かにしてみてはいかがでしょうか。

興味を持った方は、以下の参考資料もご覧ください
参考資料:愛情を伝える英語!家族や恋人に気持ちを表現するフレーズ11選!


OCBC現地視察ツアー

2024年のスケジュール決定!

シンガポール発
🐲APC Dragon 女性金龍隊

ビジネス&ヒューマンアカデミー

生きる意味を追求し、稼いで築く。資産を守り、次世代事業の構築まで学べる。
未来を創りたい女性の究極のカリキュラム!

理論・理屈だけのセミナーを卒業して、未来への一歩を踏み出しませんか?
私たちのカリキュラムは自分の意識と実践を結びつけ、自己マネージメントの真髄を追求します。本気で自分を変えて最高の人生を作り出せる夢のプログラムにぜひご参加ください。

⭐️自分の強みと可能性を発揮して最高の人生を構築する
⭐️営業力と王道の資産構築を学び最短最速で稼げる自分になる
⭐️真の絆を紡ぐ、本音で語れる一生涯の仲間との出会い

Back To Top